アキラの精神世界

精神世界探究、また一部私生活の話

分割自我復元理論とパイトロンの話

分割自我復元理論とは

分割自我復元理論というものをご存知でしょうか?

これは無明庵より発売された、ある特定の修行方法のことです

 

要旨はこちらにあります

www.mumyouan.com/k/?U1465

 

この自我を分割したチームに私は聞き覚えがありました

 

魂を分割するエル・ランティ

それはずばり エル・ランティです

彼らがjumu(地球管理者)であることが宇宙全史では何度か語られています

さらに1巻ではパイトロンという魂を分割することのできるマシーンで、多数決による議会をおさえるために、エル派閥の魂を【ビスケットを砕くように増やした】と...いう碌でもない顛末が描かれています

 

この分割自我復元理論の話は上の話と類似しているように感じます

 

無明庵とまんだらけは完全に無関係ではありなせんが、その活動内容においては完全に無関係です

 

自我と魂は全く違うものですが、魂とは何かというものが理解できていない以上、無視する内容ではないと思います

 

私たちは完璧に不完全な存在

お伝えしたい事実は、自我はそれ自体が不完なものだが、その自我ですら、現代人は欠けている可能性がある。

それを特定する症状としては、生きている実感が薄く、弱い刺激にあまり反応しないが、強い痛みや刺激などには反応する(実感がある)ということです 絶望ですね 電圧が足りないような状態、と鈴木方斬さんは例えられていました

 

 

夢のはじまり

質問者「夢はいつはじまったのでしょうか?」

ニサルガ「それにははじまりがないように見える しかし事実はたった今だ。一瞬一瞬あなたはそれを再生している。ひとたび夢を見ていると知ればあなたは目覚めるだろう。sかし、あなたはみない。あなたはその夢が続いてほしいからだ。いかなる代価を払っても真剣にその夢が終わってほしいと一心に願う日がやってくるだろう。【その代価とは無執着と冷静さ、その夢自体への興味を失うことだ】」

 

「存在している限り、困難はある」

彼らはそういいます

覚醒だけがそこから離れられるのです

ただ、気づきだけがある

ニサルガ「ただ、在りなさい。静かにしようとしなくともいいのだ。静かにあるということを成し遂げようとしてはいけない。静かにあることについて落ち着きを失ってはならない。幸福であることについて惨めになってはならない。ただ、気づいていなさい。「はい、私は気づいています、次は何でしょうか?」と言ってはならない。私はある、の中に次はない。それは時間を超えた状態なのだ。」

意志とは何か 参考文切抜き

ドン・ファン「意志は意図に集中することで呼び起こされる」

 

「意志は目の動きによってコントロールされる」

 

「精霊、ナワール、意志の顕現」

 

ドンファンの孫がバイクを欲しがることは、意志かい?」

「いいや、それは違う」

 

「意志を、呼び起こす」

 

意図→意志の発生

 

目的に沿って立ち昇るエネルギーのこと

 

沈黙の力 p210「意志が目によって意図される」

「目の持っているなんともいえない輝きの中に宿っているものが【意志を呼び出す】のだ

 

 

物語や、一連の叙情的な詩文を通じて、

私達は精霊、意図、意志、ナワールを理解する それは物語そのものに流れるエネルギーのようなものだ 巨大で理解し難く現代社会のように複雑だ

 

「呪術師は普通の人間より、より正確で明晰な意志との繋がりを持てる。それはまた当然彼らが自分の目の輝きを使って集合点を動かし思うがままに想起できるという意味でもある」

 

現実でも、夢見に入ることはできる

 

目というものは意志と直に結びついている

 

憐れみのない位置というのは、非情さの位置だ

 

「明瞭な意志との繋がりを、意図する必要がある」

 

呪術とは、意志の前に屈することなくそれについての知識と利用法を自分たちの手に取り戻そうとする試みとなる 物語の抽象さはわれわれが意志を意識し、認識するその度合いを映すものなのだ

 

崩壊の年はいつか

『20年後世界人口は半分になる』と宇宙全史では予言されています

 

この大崩壊は具体的にはいつ頃発生するのでしょうか

 

予言には観測が深く影響を及ぼすようなので

近い将来は不確定である、と言われていますが、20年後の世界は確定されているようです

 

予言本の発売が2014年7月でした

 

そこから3〜6年で東京等の大都市で地盤沈下が発生すると具体的に記されています(無事な大都市は札幌くらいのようです)

 

ではこの曖昧な4年間のうち崩壊は一体いつ頃発生するのでしょうか

 

カタストロフィは3ヶ月で収束する

発生した地盤沈下は自然の力によって数ヶ月で修復されるようです

しかしこの約3ヶ月程度は結構大変な時期でインフラが止まったり食料が不足したりすることが予測されます

 

気付きが多ければ崩壊は早く来る

この情報が広まれば広まるほど未来が変わるので崩壊が起こらなくなるのか、と思うかもしれませんが、実際は逆で気付きが多いと崩壊は早くなるそうです

 

東京オリンピックはまさにその境目で

皆がぼんやりとエネルギーを奪われたままだと東京オリンピックも開催されるそうです

 

2018年の場合

虚空蔵先生が完全に覚醒しているのかどうかその点が気になります

肉体は既に覚醒しているようですが続報はありません

あまりに早すぎてもアルマゲドンとなるようなのでそれも注意しなくてはいけません

 

2019年の場合

この年が最も崩壊の確率が高いと私は考えています ここまでたった2年です 地球が許してくれるのもこの辺が限度ではないのでしょうか 生きたいという想いがあれば生きることはできますが 地上に本当に生きていたのか 真剣な気持ちが問われています

 

『誰が地球に残るのか』では優しいのに残れない頑固な形質の方々が一杯いらっしゃいます あなたがそうならないよう願っております

 

2020年の場合

オリンピックの開催予定の年です

開催がどちらになるにせよ混沌とした年になるのは間違いないでしょう

 

2021年の場合

消去法で確実に崩壊がやってくる年だと言えます 生きる希望が無い人もどうかこの年までは生き延びて欲しいと、切に思います

今死ぬのはあまりにも勿体無いことです

 

崩壊が起こったと確定する目安は何か

これは富士山が噴火した場合、崩壊の年が確定するようです これが日本の行政の終焉となると本では書かれています

 

 

いずれにしても私達に残された時間はそうありません ノストラダムスの予言についてもちらっと書かれていますが文明崩壊の延期は今回で最後のようです 勿論、彼を信じるか信じないかはあなたにかかっていますが...

 

どのように備えるのがいいのか

宇宙全史では1にも2にもまずお祈りが求められています 『祈りなんかしたって何にも起きないじゃないか...』と思われるかもしれませんが、それはあなたがエゴの殻にぴっちりと覆われているからそう感じるだけで、実際は全くそうではないのです 震災がやってきたときに『神様!助けてください!』と祈ることがそんなにおかしいでしょうか 私はそう思いませんが、あなたはどうでしょうか

 

物品で用意するものは一般的な災害対策と同じで、食料や生活用水、寝具、整容、トイレ用具などです 備蓄料はさほど問題ではなく

2,3ヶ月も保てば十分なようです

 

終わりに

あなたは生きたいですか?

それとも滅びたいですか?

私は分裂しそうになるほど苦しんでいます

なんとしてでも20年(あと17年)生き延びようと信じていますが、現実のハリケーンは容赦なく私の人生をかき乱していきます

 

それでも、神はあります

死後の世界はあります

 

この 超常識が 普通のことになれば これ以上嬉しいことは ありません

無欠性とは何か

沈黙の力 p277

無欠性というと、いつも宗教的道徳というものを連想すると私(カスタネダ)は思っていたのだった。

「何度も言ってきたことだが無欠性というのは道徳ではない」「道徳に似ているだけでな。無欠性とはわしらのエネルギーレベルの最も有効な利用法にすぎない。勿論それは慎ましさや思慮深さ、素朴さ、無垢、を必要とする そしてとりわけ【内省をなくすことが要求される】こうしたことは全て僧侶生活の手引のように聞こえるがそうではないんだよ (中略)集合点の移動を支配するために人はエネルギーを必要とする。【エネルギーを蓄えるのは自分の無欠性だけなんだよ】」

 

 

自分で決めたことは完全に完遂しなければなりません 試験に合格すると宣言したなら勉強しなくてはならないでしょう 健康でありたいというならばお酒は一切飲むべきではありません 私は 怒らないという目標がありますがいいとこ3日くらいしか守れたことがありません 完全無欠でエネルギーを漏らさない そんな人間に..なれたらいいな....

猜疑心

猜疑心とは「何か、おかしいぞ?」と物事に対して疑いの眼差しを差し向けることです

 

この猜疑心も大切なものです

 

まず、「気づき」ということが第一に人間には求められています

じゃあこの気付きはどのようなタイミングで現れるのかというと、疑惑を持つときが気付きの現れやすい時であるといえるでしょう

 

存在の生命体の本質的な気づきと

このハッとした気付きは別物ではありますが

根本的には同じものです

 

「そんなわけない...」とか「でも他の人はこういってるし...」とか自我は徹底的に気づきを否定して来ますが、これは罠なので引っかからないように気をつけてください

 

そもそも私達はほとんど何も知らないのです

その知らないということすら分からないのが大多数の私を含めた人類なのです

 

その中で槍のような鋭さで突き刺さる気付きの光はあなたを幸せへと(何もしないことへと)導いていくことでしょう

 

 

ここでの幸せとは 存在→意識→至福

サットチットアーナンダの3つめの至福を指します