アキラの精神世界

よりよく生きるために精神世界を学んでいこう!

静寂点

瞑想日記34

 夢 病院働き女性の職員に怒られる

 

手袋に続いてマフラーが忽然と消える

役目を終えて死んだのだろうか

 

左手人差し指が爆発的に熱を帯びる

1分ほどでおさまる

 

思考を静寂点から眺めているのが分かる

背骨の中央右斜め奥に約5cm前後の位置

 

金髪の太り気味の女性と性行為する夢

私より縦も横も一回り体格が大きい

 

のんきに生きること

マイペースに生きること

他人に支配されないこと

という天命を心に感じる

 

見月という社名に特別な意識を感じる

 

万物に対して感謝と合唱を捧げ

私が幸せであることは

相手に良い善のカルマを与えるから

幸せであることには意味があると思う

 

痛みに対して耐性があがり

物の紛失や金銭的損失に大分強くなってきた

 

漆黒の悪鬼に変身し、人をなぎ倒す妄想が頭を過ぎてゆく 最後には巨大な陥没穴となって自滅するところも恐ろしい

 

安泰な人生は幻想だと思う

この世に(地上)にはそんなものは存在しない 人生は安泰だという人が私は信じられない

 

こんなことをしていても意味がない

という圧倒的な虚無感に引きずられる

 

嫌われる勇気の発展系は死ぬ勇気ではなかろうか それは徴兵や使役の拒否等で社会からつまみ出され 住む場所が無くなり気持ちよく死ぬこと

 

左手の喪失感覚が右手にまで広がる

 

私を支えるものはたとえ現金であっても差別してはいけない きちんと感謝しよう

 

悲惨な目にあっているのは

意図を裏切っているから

 

食事の事を忘れるのは悪いことではない