読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アキラの精神世界

精神世界探究、また一部私生活の話

感覚は仮想的であり、幻である

感覚がある

ということは非常にハッキリとした

現実として感じるかもしれませんが

 

実はそれは本当は幻です

 


f:id:clark3:20170214071630j:image

f:id:clark3:20170214071417j:image

 

ちょっと考えてみてください

 

手首がポキっと千切れてしまい

その辺の道端に落ちてしまったとしましょう

 

その時あなたはその手の感覚を感じるでしょうか?

 

感じる訳がありません(^_^)

 

 

感じるのは血飛沫をあげる

手首の切れた部分の激痛だけです

 

 

ここで ちょっと1言加えると

感覚とは境界線である

と言えることに気がついた人もいるかもしれません

 

境界内の内も外も感覚として知覚することはできません

 

内蔵や皮下の感覚は私達には感じられませんからね(空洞がある場所を除く)

 

感覚は境界線であり常に変化します

最初の疑問である

感覚は現実かと問うとき

一体全体これのどこが

『明確な現実』であると言えるでしょうか

 

感覚はカマボコの切れた面にある

模様でしかありません

切り方を変えれば当然カマボコの顔も変わります

 

変えようと思えば

感覚を拡大したり縮小したりすることも

可能でしょう

 

試しにちょっと 視界を広げてみて

オーム宇宙を上から眺めてみてはいかが?