アキラの精神世界

精神世界探究、また一部私生活の話

呪術(magic)まとめ2

[繫ぎ]

10.エネルギーをどのように扱えば良いのか

意志、意図、夢見、忍び寄りの熟練が求められる

 

.....

 

では続きをまとめます

 

11.意志とは

意志とは注意力が、ある目的にそって、向かっていくときに現れるエネルギーのこと

 

12.意図とは

静かな目的のこと

 

13.忍び寄りとは(stalking またはsneaking)

自分自身に気がついている状態のことであり、影のようにピッタリと自分の認識に貼り付いていること 自己覚醒

 

14.夢見とは

夢をコントロールすること またはコントロールされた夢のこと

 

15.明晰夢とは何か

現実のようにはっきりとしたシャープな印象を持つ夢のこと 空を飛んだり することができる

 

16.現実の世界とは何か

現実とは固定された夢である 私達の集合点は強固に固定されており、全人類は全て同じ位置に集合点を持つ その集合点の名前は理性である

 

17.ナワール(陰胎)とは何か

私達の世界(トナール)と対になる世界のこと

 

18.記憶を反復する

私達に意識を与えた存在は私達の経験を欲している そのため記憶を反復することによって その存在の欲するものを増幅させ、そのエネルギーの流れを得る。さらに、記憶に分割されたエネルギーを統合する さらに夢見の注意力を高める効果もある

 

この反復は実践としてかなり重要であり、夢見を行う者にとって反復は必須の訓練である

 

 

19.理性とは何か

理性とは私達の世界のことであり、この単語は私達の世界の特徴を表していると言えるだろう 明晰であること 理解すること 記憶がなめらかに保たれていること これらは私達の世界に固有の現象であり、普遍的なものではない

 

20.秩序と無秩序

私達の世界は秩序的であるが

他の世界は無秩序的である

 

21.集合点の横位置

集合点の横移動は平行世界の移動のようなものである 世界はおおよそ3000程度は存在しており、その数だけ自己が存在している 

 

22.集合点の縦位置

集合点の縦移動は垂直的な移動のようなものである 例えば、集合点が下の方にある場合彼は動物的であるといえるだろう。逆に集合点が上の方にある場合、神秘的で倫理的てきである。いわゆる神と呼ばれるようなイメージが近い 全体的であるともいえる 法則や法律はこれ近い 重力の法則は人を差別しないし 犯罪はルールとしては一律で差別しない(ということになっている→法の下の平等)

 

23.イーグル

私達に意識を与えた存在はイーグルと呼ばれている なぜなら彼のエネルギーの流れがイーグルのように見えるからである イーグルは意識体の経験を求めており、意識体に死を与えることによって、それを収穫している

 

24.エネルギーボディ

エネルギーボディとは夢見を行う体のこと

重さがない 食べること飲むことを意図することができない 壁を通り抜ける ということを意図することができる 一瞬で宇宙の果てまで移動することができる 

 

25.肉体

現実の体のこと 重さがある 食べること飲むことを意図できる 壁を通り抜ける事が意図できない 移動するには大量のエネルギーが必要である