アキラの精神世界

精神世界探究、また一部私生活の話

何もしないこともまた良い事だbyニサルガ

ニサルガ「太古の力を持つ言葉、どれでもいい。絶え間なく繰り返してみるがいい。それは驚きをもたらすだろう」

質問者「本気でそう思うのですか?西洋人にオームやラームまたはハレ・クリシュナを絶え間なく繰り返させるというのでしょうか?」

マハラジ「いけないかね?衝動と秘められた動機が重要なのであって形式ではない。もし彼が真我を見出すためにするならば何であれ彼のすることは間違いなく彼自身へと導くだろう」

質問者「信仰は必要ないのでしょうか」

マハラジ「結果への期待でしかない信仰ならば全く必要はない。ここでは行動が大事なのだ。何であれあなたが真実のためにすることはあなたを真実へと連れて行くだろう ただ正直に誠実でありなさい どのような形をとるかは問題ではない」

質問者「それならば自分の熱望に表現を与える必要はどこにあるのでしょうか?」

マハラジ「必要ない。何もしないこともまたいいことなのだ。ただの熱望、思考や行為によって薄められていない純粋で凝縮された熱望はあなたをすばやくゴールへと連れて行くだろう。本物の動機が重要なのであってやり方ではない」

質問者「信じられません!絶望間際の退屈で単調な復唱が効果的でありうるのでしょうか?」

マハラジ「繰り返しているという事実そのもの退屈と絶望、そして全くの確信の欠如にも関わらず忍耐と粘り強さをもって闘い続けていることが、実に決定的なことなのだ。やり方自体が重要なのではない。その背後にある真剣さがもっとも重要なのだ。そこには内なる後押しと外から引きつける力がなくてはなければならない」

 

続く

 

一部を長過ぎる文章を省略しています