アキラの精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

人間の形を無くすとは

f:id:clark3:20110709022421j:plain

おはようございます アキラです またまた「呪術の彼方へー力の第二の環」からのご紹介です

・・・

人間の形をなくすとはどういうことか

3章ラ・ゴルダではカスタネダとラ・ゴルダがドン・ファンとドン・ヘナロの4体の盟友と会合します カスタネダには盟友たちは黒いモノリス・真っ赤な肌をした男・コヨーテ・ジャガーに見えますがラ・ゴルダには光輝くエネルギーとしか認識できません それはラ・ゴルダが人間の形をなくしているからです

人間の形は「人間の鋳型を夢見る」ことでなくすことができます
植物にも、動物にも、虫にも固有のエネルギーの形があり、それが鋳型です
鋳型は普通の人は死ぬ時に目撃します
人間の鋳型は水でできているため細い溝や池で見つかります
補.【世界にあるものは、みんな押す力か引く力だ】
十分な力を持った戦士は何度も何度も鋳型を見ることができます
人間の形というのはわたしたちをこういう人間にしているべとべととした粘着性のある力のことです それは本当は何にでもなることができます
その力は、形をもっていないかわりに一生私たちを支配して死ぬまで放しません
人間の形をなくすのは変わるためです
人間の形がそのままであるのなら、変わろうとしても上っ面の言葉だけでしかなく、人間は本当に変わることはできません
彼らは変わることに失敗しても、決して落胆しないと言います
形のない戦士は眼をみはじめます
目を閉じるたびに眼がみえると彼女は言います
形を無くした戦士は夢見をはじめるためにその眼を使います
形をなくしてしまえば夢見をするために眠る必要はなくなります
目の前にある眼がいつだって行きたいところへ引っ張っていってくれる、とのこと
人間の形が完全になくなったら、眼を見ることも無くなる
眼そのものが形をなくすということ
人間が形をなくすと、あらゆるものが形をなくして、しかもそこにある。という状態になる 盟友がただの霊気であるように(眼もいずれ霊気のようになる)

ラ・ゴルダは夢見のなかで自らの手を見つけることが何年もできなかった
ナワールは彼女にそれを見つけなければ死ぬと宣言した
その為彼女は死を覚悟し、変わるために23日間絶食した(100kg以上の巨漢だった)
自らの手を見つけた後、その次にすることは夢の中でビルや家などの建築物をみつけてその映像を壊さないように見つめることだった 夢見る人の技術というのは夢の映像を保つということ わたしたちは一生涯そうしている(現実という夢を保ち続けている)凝視することなく、その映像を保ち続けるようにすること

次は夢の中でおへそを固定するものを見つけること 夢見の中では臍に注意を払う必要がある 臍を保護しなければならない 夢の映像を保つためには暖かさや臍に圧迫感が必要 彼女は夢の中で臍にぴったりの小石をみつけた 同じものを現実世界でも見つけた彼女はそれをベルトで臍に身に着けている そうすると夢の映像を保つのが楽になる

長すぎて大変です^^;

 

・・・

まとめ

1.人間には固有の形がある
2.光り輝く人間の鋳型を夢見ることで人は形を無くす
3.霊気のように形のないものが我々の本当の姿である
4.人間の形をなくし、眼が見えるようになれば、夢見るために眠る必要はなくなる
5.人が変わる時、夢見の中で自らの手を見つめることができるようになる
6.自らの手が見られるようになったら、次は(建築物などを対象に)夢の映像を保ち続けるようにすること
7.夢見では臍が大切 臍に圧迫感があれば夢見の映像が保ちやすくなる

・・・

 

どうしても手を見つけられない人は、自分を変化させてしまえばいいのかもしれません
この章は非常に情報量が多く、把握するのが大変です 夢見の奥深さは計り知れませんね