アキラの精神世界

よりよく生きるために精神世界を学んでいこう!

宇宙全史 質疑応答1 復習

質疑1から気になった内容を抜粋していきます

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

・私たちはすべて実存から発した存在である
・上位の存在は、下位の存在を簡単に開放することができる
・しかし、そのためには下位の存在にバランス(中庸)が必要
・バランスが欠けた状態で、覚醒を果たしてしうと、計り知れないカルマを負う可能性がある
・逆に言えば、人類が中庸という形質を獲得することができれば、覚醒した存在によって一気に飛躍することができる
・中庸とは、周囲の影響とバランスを取りつつ自分の中心となる場所を定めること 外の影響を受けることがあっても決して自分を失わず、道を外れないということ
・魔神界、天神界という世界があり、魔神界にはアンドロメダがいる
・仏教の真髄は祈りにある
・世界人類平和の祈りは地球霊魂の統一の場から降ろされたもの

ドンファンが提唱する4つの形質
1.忍耐:耐え忍ぶということではない 待つということ
2.ユーモア:永遠と向き合うとき平常を保つために深刻にならないということ
3.狡猾さ:ずるさではない 明晰性
4.非情さ:冷酷、無情に陥らないための非情 情を知って情に流されない

これを獲得することで人は、旅人から戦士になる

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

復習

・私たちは地球と約束をした
 それは「幸せになります」というもの
阿頼耶識界(6次元)の上に、地球の集合魂の統一の場(7次元)がある
・今地上では「愛」という概念が完全に歪んでしまっている

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

拾いきれていない情報がまだまだ沢山あります 全てを知る日は来るのでしょうか