津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

欲望から解放されることは幸せか

こんにちはー アキラです

今回は欲望について考えてみたいと思います

 

人間には根源的な欲求として、衣・食・住、睡眠・性・食などがあります

もしあなたが覚醒することができたなら、食事はどのように変化していくのでしょうか

 

食事にとらわれなくなったら?

醒めた状態が維持されているとき、食事はどのように感じるのでしょうか

もちろんあなたは一切食事に対する欲望を持ちません

最低限肉体を維持するために、米やミルク、豆、芋を摂取するかもしれませんが

それは最低限度のものでしょう

 

つまり、もうあなたは2度と食事を楽しむことができなくなるということです

これは少しオーバーな表現だったとしても、例えば【二度と焼肉が楽しめなくなる】という変化はあるでしょう

 

想像してみて下さい じゅうじゅうと脂のしたたる濃厚なカルビが二度と食べられない... キンッキンに冷えたビールを楽しむことができない... ということを...

 

醒めまたは覚め

覚醒するということは、これらを手放すということに他なりません

 

私はもっともっと欲望を満たしたい!という人には修行は中々困難なことでしょう

逆に向いているのは、僧侶やシスターなどの禁欲生活を送っている人達です(しかしこういった人達であっても、常日頃から欲求を無理やり抑えていた場合、大変なことになります)

 

あなたは欲を満たすような体験を手放すことができますか?

 

それに負けない人だけが、覚醒を求める資格を備えているのです

 

(逆にいえば、精一杯好きなことをして、葛藤もなく、満足した人生を送ることは、何よりも大切なことなんですよ)