津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

12月15日の夢

お久しぶりです 今日は夢日記を書きます

夢は相変わらず断続的に見ていたのですが、記憶がかなり短い状態で記録するほどのものは残っていませんでした 今日は少し長めに覚えていたので書いていきたいと思います

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

12月9日 学校の帰り、校庭で車に乗ろうとすると、そのまま置いていかれる ドライバーは小学校の同級生と同じ顔をしていた 私は機嫌を損ねて、徒歩で帰ろうとする そこで1台の車が近寄ってきて、乗らないかと誘ってきた ドライバーは女だった

12月11日  四国に1度だけいった役所がある そこを私は訪れている 何かの手続きがやりたいようだ 突然役場の一角が水没する 私はその水の中で「なんだ夢だから呼吸できるじゃん」と楽観的な気持ちになる

12月14日 飼い猫が夢にでてくる 景色がはっきりしている 猫は左目が大きくえぐれており、ピンク色の肉がみえている 私は悲しい気持ちになる

12月15日 [1]塔の地下のような、暗いレンガ造りの室内にいる 私はそこで男と対峙している 顔は覚えていない 彼は凶悪な殺人者のようだ 私はリボン状の不思議な形をした投げナイフをもって彼と戦っている 何発も何発もその武器を投げつける 相手が膝を折って、ほぼ勝利を確信する ここで目が覚める

[2]会社勤めをしている 中学校で部活が一緒だった、背の低い後輩がでてくる 私の会話のリズムがひどくおかしく、相手と話が全く合わない 前職の上司がでてくる 彼女はかわいい女性だ 私は小さな罪悪感や後悔を感じながら、彼女の話をきいている

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

私のバイオリズムはどうやら安定しているようで、毎週金曜日は必ず夢をみるようになっています 記憶も長めに安定しており、良い兆候だと思います