津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

必要なものと欲しいものは違う

こんにちは 今回は欲望に関する記事です

 

私たちは常に神様から必要な物資をあたえられています

 

五井先生風に言うと「必要な米は、必ず与えられる」といった感じでしょうか

 

しかし、私達人間は欲望を軸にして生きています(そうでない人もいると思いますが)

 

したがって、自分(エゴ)にとって必要なものと、集合魂によって必要なものは、必ずしも同じであるとは限りません

 

例えば、学歴などもそうです

自分が行きたい学校があったとしても、そこに行ったところで、必ずしも課題が解決するとは限りません

上位の魂は、あなたに必要なものを把握しているため、様々な事象をもたらすことで、なんとかあなたに必要なものを届けようとします

しかし、エゴが受け入れるかどうかはわからないのです

 

このバランスはかなり難しいと思います

上位の存在からすればどちらに行けば良いのかは明白なのですが

 

例えばそれは地上を歩きながら目的地に到達することと、

ヘリコプターで上空から正確な地形を把握しながら進むようなもので、圧倒的に違いのあるものです

 

私は、今までの人生で何度も道を間違えてきました

 

しかし、それが本当の意味で間違っているのかはどうかはわからないのです

 

この「分からない」ということを完全に理解することで、「神に任せる」という段階に至ることが必要です

 

自分に本当に必要なものかどうかを判断するには、それが抵抗なく受け入れられるかどうかということだと思います

 

完璧に生きる方法を、私はまだ知りません

 

ですが、不自然に避けようがない出来事が発生した場合、それはまず間違いなく必要なことです

 

「意志の力とは失敗も成功も、全てを執着無く受け入れられるようになることだ」と、ある人はこのようにおっしゃっていました

 

自分にとって本当に必要なものが見極められるように、日頃から潔白な生活を続けていきたいですね