アキラの精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

私は硬いプラスチックの棒である

プラスティックの硬い棒は、圧力をかけてもなかなか曲がらないが、

強烈な圧力がかかると、あるときポキッと折れることがある。

ゴムの柔らかくしなる棒の方は、圧力がかかるとすぐに曲がるが、

いくら強い圧力がかかっても、しなるだけでけっして折れることがなく、すぐに元通りに戻る。

 

レジリエンスが高ければ、心に強さだけでなく、しなやかさがあるため、

どんなに大きなストレスがかかっても落ち込んでも心が折れるということがなく、タフに乗り越えていけるのである。

 

(「おもてなし」という残酷社会 第5章 過剰・感情労働時代のストレスとの付き合い方 P188-189)