津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

現実をどうやって生きるか

こんにちは 皆さん年末はいかがお過ごしでしょうか

 

私は親戚と家族にかこまれ、楽しく騒がしくイライラしながら過ごしています

 

さて今日はくどいようですが、お祈りとエネルギーについて学んでいきたいと思います

 

私たちのエネルギーはあの世からもたらされる

宇宙全史の右側が更新されました

エネルギーについて質疑応答がなされてます

 

私たちは日常暮らしていると、自分の力で何かを成さなければいけない、といった感覚があります

 

しかし、実はそれは正しいことではないのです

 

エネルギーの流れをみてみれば、小さな自我がやっていること何てほんの些細なことに過ぎません

 

むしろこの自我....自分がこなしているという感覚が強いと、疲れやすくなったり、力がうまく発揮できなかったりしてしまいます

 

そこでお祈りの出番です

 

お祈りをすると、この自分でやっているという感覚が薄くなります

 

「ああ、私の肉体は守護の神霊が動かしているのだな」ということがわかりやすくなってきます

 

この他力の精神が私たちは人間には大きなメリットなんです

 

私たちは基本的に不完全でどうしようもない人間です 自分の力で救われるということは中々できません

 

そもそもの話として、エネルギーが自らの魂からもたらされるというのであれば、主体的に元気になるということはできないわけです

(エネルギーを節約することはできますが)

 

ここ間違ってほしくないのは、「じゃあ自分には一切何の責任もないのだから、全てを神様のせいにしてしまえ!」ということではないということです

 

少なからず、私たちには自由が与えられています

 

上記のようにバランスの書いた状態は自然な姿であるとは言えません

 

そうではなく、必要なものは真逆の姿勢なんです「自分でやったことの責任は自分で取る必要がある」ということです

 

そこから救われるか、救われないか、この未来の部分が祈っている人は違ってきます

 

100%、全ての人に納得してもらう結果は有り得ません

 

それでも祈りによって三界をこえたところからもたらされる神の力は、あなたの学びを著しく進めていくことでしょう