津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

沈黙の力 まとめ3

こんにちは まとめの第三回目です

 

もしも集合点がそれを見るばかりでなく移動させるだけのエネルギーをもった者によって押されるとそれは輝く球体の内部を押した人物が指示するどんな場所へでも動いていく

集合点を扱うには沈着であることが何よりも肝腎だ

じっさい叡智というやつは、いつも痛みを伴って、しかも少しずつしか手に入らないものなのさ

 

忍び寄りとは例えば女装をするときの不自然な部分に全て気が付くことだ

非情、狡猾、忍耐、やさしさをもち、振る舞いをコントロールすれば、お前はもう誰にも男だと気づかれることはない

 

自己の内部に封じ込められている言葉を導き出すのを許されているのは自己だけだ

 

言葉というのは凄まじい力をもった重要なもので、それを持つ誰にとっても魔法の財産なのだ

 

普通の人間の集合点も本人が気づかない間に移動することがある

 

自分の集合点を新しい位置まで上手く移動させることができれば、その人は呪術師だ

 

高められた意識状態とは、意志への入り口である

人々はそれをそのようなものとして利用する(この一文は意味がよくわかりませんが、必要なものだそうです)

 

(直観によって)特別なことを知ったという圧倒的な感覚をは、記憶を使っても思い出すことはできない それを想起するためには意図する必要があるのだ

 

意志は感じられ、ただ利用されるためだけに、ただそこにある

 

 

カスタネダドンファンの力を借りて、高められた意識状態に入りました そこから三人の呪術師のちからを借りて、さらに高められた状態から意志へと自らの意識を飛躍させました(沈黙の力p116)

 

意志は言葉にすることも理解することもできません

それはただそこにあり、私たちはそれを利用するだけなのです

 

ここで注意してほしいのは、人間が使う意志という言葉とあきらかに異なるものだということです

 

それは秘められたエネルギーであり、もしも人間がそれを正確に利用することができるなら、その力は私たちを限りなく自由にしてくれることでしょう