津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

閑話休題

こんにちは 津田さんです
宇宙全史が全然更新されません(新刊今月なのに!)
被災で色々と忙しいのではないかと思っています
なんだか時間が空いているので閑話休題です

 

1.アシュターバクラーギーター

インド系の本(ヨガの本など)には様々な種類があります
多すぎて私はイマイチ把握しきれていません

ニサルガダッタ・マハラジの本は読んでいる方は多いと思います
私も彼の本は何度も読み直しています

それ以外でオススメの本を1冊挙げるとするなら、私はこのアシュターバクラーギーターをオススメします

https://www.amazon.co.jp/dp/4903821439/

この本はあまり実践的な内容ではありません

私という存在について、物語のような内容で比喩的に説明されているものです

考えるというより感じるといった内容で、非常に純粋無垢なものですが、私は深く感じるものがありました。紙媒体で購入してあります

 

2.リアルの話

仕事が一進一退で、少しずつ楽になってきています
貯金は半年で50万円貯まりました
このお金で普通二輪免許を取りに行きます
なんというか私は発達障害グレーゾーンなのですが
『ヘルメット』がとても心地良いんです
頭部に乗っている感覚が良いんでしょうか、それとも知覚の遮断がストレスの軽減になっているのでしょうか、理由はよく分かりませんがASDの方にはバイク通勤(ヘルメットの着用)は非常にオススメです

 

3.覚醒の話

あんまり覚醒を実感することはありません。私はお祈りを捧げているときには口蓋の辺りにハッカ飴を食べたときのようなスーっと透き通るような感じがありますがそのくらいです。夢日記は今週辺りから復帰しています。3行70~80文字くらいですが記録もつけることが出来ています。また今月の頭からお祈りが柔らかいお祈りにフォーカスしています。私は自分の幸せをあまり祈れない人生だったので、これはとても良いことだと思います。今月は忙しくてあまり出かけられていないのが残念ですが、また年末にかけて色々と忙しくなるでしょう。

 

4.災害の話

広島県東部は数ヶ月ほど前に被災しました。芦田川が氾濫し、自動車がどんぶらこと泳いでいる光景は異様なものでした。隣町の尾道では断水が2週間続きました。在来線の呉線は今でも止まっています(今月復旧?)

そして、今月大阪市が大きく被災しました。知り合いも何人か被災した(しかけた?)ようです 町の破壊の様子がSNSで上がっているのをみました。電柱がなぎ倒されている様子は悲惨なものです。

そして休む間もなく北海道で大地震がありました。死者多数の本物のカタストロフです。(カタストロフィーというのは私の好きなGuntzという漫画に1シーンが出てくるのでこの言葉を好きで使っています)

私の現在の住居は中々堅牢にできていて、多少の水害でも耐えられることを確認しています。普通に畑で芋も取れるように準備したので、即飢えるということはありません。普通に食料なども備蓄してあります。(大体2ヶ月分くらいでそれほどのものではありませんが...)

大阪の被災が北海道の大地震であっという間に注目されなくなったのは衝撃的でした(少なくともメディアの露出は大幅に減ったと思います)大きな災害であっても続けて起こってしまえば最新のものにしか目が行かなくなるという現実にはショックでした

 

今日は主に4つの話題について書いてみました

生きとし生けるものが皆幸せでありますように(^^)v