アキラの精神世界

よりよく生きるために精神世界を学んでいこう!

空き家を探して尾道へ

尾道には空き家を運営しているNPOがある

そこでは空き家の閲覧することができるが、現地に訪問して利用者登録が必要だ

今回、一度尾道を観光ついでに訪問してみた

 

これは空き家を改装して運営されている

あなごのねどこ という人気のカフェテリアだ


f:id:clark3:20171120145022j:image

 

うーむ なんともオシャレ


f:id:clark3:20171120144933j:image

 

ん?


f:id:clark3:20171120144949j:image

 

んん??


f:id:clark3:20171120144956j:image

 

おー

 

きっちり埋め込まれてる!

 

五井先生は働き者だ

 

没後何年も経過しているのに

 

まだ働いている

 

影響があったのは明らかだ

 

...

 

これには結構ビックリした

 

妙なところで縁があるものだ

 

 

 

全国版空き家バンク

全国版空き家バンクなるものが開始している

 

www.mlit.go.jp

 

国が動くなんて、結構本格的なんだな

 

早速 中国・四国地方で検索してみた

 

掲載物件は6件

 

値段も相当高く、魅力は感じなかった

 

試験運用だから仕方ないのかもしれないが、普及するにはまだ時間がかかりそうだ

 

来年度あたりにはもう少し活用されているかもしれない

 

興味のある人は見てみてはどうだろう

 

https://www.homes.co.jp/akiyabank/

 

https://www.akiya-athome.jp/

 

 

11月26日の夢

こんにちは 深夜に目を覚まして、二度寝したときに見た夢の内容です

眠る前は「恐怖や不安の侵入を許すな」という言葉に集中していました

これで自分の領域を明確に把握することができます

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

母親が借金を作る 故郷を支援するために多額の税金を納めていたらしい

なぜかお金はバイク便に手渡し 市街でひっそりと誰にもバレないようにお金を渡していたが、私が偶然それを目撃した 私は母が昔同じようにお金を渡したことを思い出して葛藤する 私は電話を取り出し警察に相談しようと110へ掛ける しかし全く繋がらない 何度かかけ直すが、繋がらない 119に変更してみるがこれでも駄目だった 少し場面が変化する 警察に電話が繋がったようだ 会話の相手は中年の男性 冷静で静かな口調 味方にはなってくれず、私の失点を指摘している 

 

なぜか船を紹介される 海の埠頭に古い木造船がつながっている 全長は5mくらいだろうか?バスよりは小さく普通車よりは大きい どうやら船上で暮らせといっているようだ 私は肯定的な反応を示している

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

やはり、二度寝したときは高確率で夢を覚えています

 

 

 

 

 

 

広島の空き家バンクを眺めながら

 

広島にも空き家バンクが存在する

 

有名なのは尾道だろうか?

 

各市町村で趣は全然異なるが、それなりに盛況しているようだ

 

例えばこれは 呉市の空き家バンク

呉市空き家バンク 物件一覧 - 呉市ホームページ

 

広島県の市の中では成約が多い方だと思う

 

それに10万円以下の物件もまだまだ残っている

 

見ていると本当に不動産は「負動産」となってしまったのだなと考えずにはいられない

 

300万円以上で売れている物件があるので余計にタチが悪く、売り手側が希望をもってしまうのだろう

 

しかし、当然のことだけどボロボロの家は売れない

 

更地でも売れない場所は売れない

 

そういえば クロネコヤマトが年末のアルバイトに時給2000円を出すらしい

人不足で物余りだなんて アメリカみたいだ

私はずっと人余りの時代を過ごしてきたので、正直この空気はよくわからない

 

 

話はいつものことに戻る

 

宇宙全史では、賃貸などにかかるお金は必要なくなると言われている

「土地は誰それのものではなく地球のものなのです」とは著者の言葉だ

 

私もその通りだと思う

 

家が1000万円とかで売れている状況は正直言って信じられない

 

古民家でも状態の良いアタリの物件は数百万円で取引されているそうだ

 

これからさきどんどん地主は弱くなっていくのだろう

 

権力を振りかざす人は醜い 地主も 役所も 

 

みんな永遠に続くものを求めている

 

安定した保険や土地を使って心を安心させようと必死だ

 

「土地が開放されて無料で住めるようになる」

 

未来の片鱗は見えてきた

 

(逆に言えば、不動産だけでお金を稼ぐことは難しくなるということだ)

 

もう一歩規制が開放されて 農地が取引できるようになったり 贈与税がかからなくなったりすれば もっと土地や家屋の取引は盛況になるだろう

 

食料の安定的な確保のために農地は規制で守られている

その規制のおかげで活用されない土地はどんどん増えていくだろう

 

なんて馬鹿馬鹿しいんだろうか

 

ドンファンの言葉ではないけれど、人類は愚かだ

 

根拠の無い 路線価なんていう値付けを見ていたら 吐き気がこみ上げてくる

 

現在でも社畜という呼び方をされて誇らしげな人はいるけれど

 

人類はまるで食べられるための動物みたいだ 

 

その搾取されているという自覚すらない人もいる

 

時代は変わりつつあるけれど、節目がどこになるかは分からない

 

長生きして なんとか生き延びて 新しい世界に辿り着きたい

11月14日の夢

場面1 髭面のゲイの男性が子供のように遊んでいる

クレヨンかパステルで描いた絵が見える

終始ご機嫌でベージュの絨毯がひかれた部屋でゴロゴロ転がっている

 

場面2 二人の女性が見える 詳細は思い出せず