津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

言葉を数式に変換する

こんにちは。アキラです。言葉を数式に変換するという作業に挑戦中です。何例か挙げてみます。

 

言葉を数式に変換したものをいくつか挙げてみます。

1.『陰陽の値が同じであれば、鏡面のような世界となり全く動くことはない』

式:A=B

超単純な式です。無限や0の説明では値が動いているような印象を受けますが、逆にこれは氷のように全く動いておりません。

 

2.『この世界は3.28次元である』

認識をAとする A=3.28

※認識を世界とする。(認識を世界そのものと同一と見なす)という見解に違和感があるかもしれませんが、集合点についての情報を読んでいると概ねこういった印象を感じます。

カスタネダの例によれば動物の集合点は人よりも下にあり、植物の集合点は更に下位にある。
集合点を奥側に押し込む。といった表現等も間々見られるため、やはり集合点は3Dの座標データを持っているのではないか。
この場合、世界の次元は、集合点の位置ともいえるであろう。集合点の位置を3Dと考えるのであれば、3.28は(x,y,z)の3つに分解できるはず。

我々の次元3.28をAとする。地球の意識3.28をBとする。

式:A=B

つまり、地球の意図であるこの世界と我々の意識である集合点はほぼ同じである(という私の意見です。)
我々人類のほとんどは集合点の位置が同じであり、大元としては地球の意識(地球の集合点の位置)を共有している。という意味です。

 


3.「すべてのすべてであり、無限であり無でもある。満たされており何も無く、ただ無窮の至福に満ちた、ありとあらゆるものの根源であり、始まりでもあるもの」


ここは私の数学の知識が足りません。
『全ての値には実存であるAが含まれている。』というのはどのような数式で表せられるでしょうか?
多分普通にあると思うのですが...。

 

・・・・・

 

 

とりあえず3コ挙げて(2コかな)みました。

 

 

・・・・・

 

 

追記。時間の本質に関する再考察

 

本文: 

”また、視点を変えて、世界が動いて次元上昇したと認識できる存在の立場から考えますと、
ここで発生した時間というのは、実は、この存在が、私の集合魂が創造した世界のある一部
分を、断片的な像として認識し、その像を連続的に再統合していく過程で発生しているもの
と考えることも出来るのではないかと考察致しました。”

 

再変換、要約:

『再統合が起きているだけ。時間はあるように感じるけど、順番に並べられているからそう感じているだけで、本当はそんなものはない』

 

口語調:

おーむ宇宙『記録がまとめられているだけだよーん。時間?そんなものはありませーん。』

 

 

我々に残された時間は少ない

こんにちは、アキラです。

 

本日宇宙全史の左側が更新されておりました。
それによると虚空蔵55先生は、まんだらけの社長を引退し、会長職へ退くとのことのようです。※まんだらけ公式IRを参照してください。残された3,4の仕事が示されていますが、それらは全て宇宙全史に関することです。

 

ここでちょっと私のやるべきことをおさらいしてみます。

私には今生でやりたい事に

『救世主を発見する』『救世主のお側に付く』

という2つがあります。

 

また、宇宙全史ワークへの学びを深めて『宇宙全史の知識を蓄える=死ぬときに持って帰る』
ということもあります。

 

......

 

私の現在のクリア状況を確認してみます


1.宇宙全史ワークを発見する → クリア
2.非公開情報1を読む → ☓
3.10の願望成就方法を実行する → ☓

4.宇宙全史 地球全史編1を入手する → クリア
5.宇宙全史 地球全史編1の初版を入手する → クリア
6.20年後地球人口は半分になるを入手する → クリア
 (※おそらく、今生における最低限のクリアラインがここ)
7.20年後地球人工は半分になるの初版を入手する → クリア

8.非公開情報権利者になる → クリア
9.非公開情報を2~8を入手する → クリア
11.非公開情報を9~12を入手する → クリア
12.EOの遺物を入手する → ☓
13.エゴの本を読む → 未
14.時間の本を読む → 未
15.9つの実験星の話を読む(または完成したD9レコードを読む) → 未
16.宇宙全史講師レベルまで成長する → ☓
17.2034年(20年後の世界)に生き残る → 未
18.実存に瞬間的に触れる → ☓
19.実存を十分に顕現させる → ☓

 

...

 

話を戻します。残されたワークは主に時間とエゴの本、そして宇宙全史2巻の発行です。特に前の2つは高確率で発行されるでしょう。非公開情報はあと何冊発行されるかは分かりません。

セルフ診断だと、20年後の世界に私が生き残れる確立は60%から75%くらいだと思います。

 

私は経営に関してはヒヨコなので、なんとも言えませんが、上場企業の社長が引退を発表するというのは、そこまで小さなイベントではないと思います。この場合、経済的に大きなイベントであるということではなく、遊撃手の器が自由な環境に移行するという点で大きな意味があります。

 

私は結構宇宙全史の宗教化を望んでいて、みんなで1つの場所(伊吹山とかですね)に集まって、なんか祈りや修行

でもできればいいのにな、と思っていた頃があります。(今でも思っています。)しかし、現状残り時間を見ているとその可能性は少なそうです。

 

コロナウィルス騒動というオープニングははじまっているので、少なくとも来年の7月以降はカタストロフィは間違いないでしょう。今年の12月か来年の3月末が一時的なタイムリミットだと思います。(個人的なレベルではもう少し時間は延びたりする可能性はありますが)

 

私の場合カルマは『仕事』です。そのカルマをどこまで昇華できるのかというのが私に残された仕事です。4月からてんやわんやの半年でしたが、少なくともカルマは増えてはおらず、かなり減少している感触ではあります。(そのカルマの残りが40~25%だと感じています。)

 

霊的な修行はマチマチで完璧には程遠い状況です。しかし『甘い物を食べ過ぎる。』という食欲のカルマがあったのですが、それが今年綺麗にぶち壊れてくれたので、ここは大きな進歩でした。

 

....

 

私の宇宙全史での大きな選択肢の1つが『EOの遺物を買わない』という判断でした。実存以後の世界があまりにも深遠すぎて、ちょっとそこまでたどり着きたいという思いが湧いてきませんでした。EOの本は大好きなので、むしろその復刊が全然進んでいないことの方がショックな感じです。(これは結構重要なポイントかもしれません。9月4日時点でEOの本は4冊しか復刊されていません。)

 

....

 

残された本をまとめると 『エゴの本』『時間の本』(宇宙全史2巻)+EOの復刻が10冊あります。『来たるべき世界(20年後世界人口は半分になるー2巻目)』も出来れば読んでみたいところではありますね。

...

 

ここから私の残りの人生を俯瞰すると...。
 『宇宙全史とEOの本を読む → 救世主を発見する → 20年後に生き延びる』といった感じが成功パターンです。

 

失敗パターンは『仕事に圧死する。』『救世主が見つからず、目的を見失う。』『カタストロフィの波で物理的に死ぬ。』の3パターンが主に見えてきます。

 

来年7月までの残り約300日は地球史上でも相当大事な時間なのではないでしょうか。とするとやはり今年は後悔のないように、やれることは全部やっておいた方がいいような気がしますね。

 

尾道お好み焼き屋でも制覇しましょうか。
どうか人類に救世主が見つけられますように。

 

般若心経抜粋

時間があるので般若心経の復習をします

 

---

 

参考:チベット仏教入門

思考にすることも言葉にすることもできない般若波羅蜜

不生不滅の虚空の本体そのもの

各々の自内証の行境

三世(過去現在未来)の勝者(覚者)の母に礼拝します

般若波羅蜜に礼拝します

 

---

 

『人間に生まれたことは、魚卵の中で成魚まで成長することのように稀なことであり、それだけで祝福されるべきことである。』

『慈悲心が清浄でないならば、このからだを布施してはならない。』

『幸せとは本来あるものである』

 

---

 

『究極の問いには答えることは出来ない。それはあたかも盲人が象を手で触れて理解するようなものである。』

 

 

雑記つらつら

こんにちは。アキラです。アモンと呼ばれることが増えてきました。

 

最近の気になることの雑記です。

 

1.神とは何か、月読之大神は神ではない。

宇宙全史で右側の質問において、『神とは何か』という定義が説明されました。これによると人類という枠組みを超えた宇宙神レベルの長大な存在に関しては神とは呼ばない...。神というカテゴリーは逸しているとするようです。

ヨガの古典であるギーターにはこれらの神を超えた存在がチラホラ説明していますが(私は在る)の説明とかですが、大体そんな感じですね。

 

2.惑星直列。

7月4日から惑星直列が発生しています。奇跡的な現象が次々と現れ特別な時期であることが現象レベルでも理解できるようになっています。私の場合は大雨の影響もあわせて体が泥のように重くなっています。複数の人間に会って生命力の光を浴びると回復したみたいですが、体調の悪い人は多いのではないでしょうか。

風呂入ったり日光浴できる隙間を見つけたり、元気な人に会ってエネルギーを浴びると良いと思いますね。

 

3.覚醒の流れ。

日記は付けています。夢も見れたり見れなかったり、6月18日頃に自分のエゴに裂け目ができるイベント(つらいこと)が発生しました。裂け目ができた感じがあり自分の形が少し変わりました。

若干不道徳なので書くのをためらうのですが、こってりとした甘みの菓子パンが好物なのですが、それが全く美味しいと感じられず生クリーム入のサンライズを破棄したことです。

あ~人間の形に裂け目ができるとこんな感じに変化するんだな~。と感じたのを記憶しています。

しかし、エゴの揺り戻しは強く2週間くらい経過した現在ではそれほど感じられる変化はなくなっています。もうちょい思い出してあの死んだ感じを覚えておきたいな~とは思っていますがそんなに上手くはいっていません。

 

4.神を語るもの。

守護神の声が聞ける整体師と話しました。

 1.確かにその人は守護神の声はハッキリ聞こえている

 2.しかし、その神は高位の物ではなく人間とさほど違わないレベルである。

という若干面白い体験がありました。

とある家屋の一室で対話が行われています

 

AさんはBさんを霊視して、いくつかの助言を行っています。
 Bさんが質問に対して「パートナーのCさんも見てもらおうかな...。」と相談しています

 Aさんは本名を教えて下さいと聞き返します。

 Bさんは答えます(明らかに女性の名前)

 Aさんは霊視を続行します。「あなたは彼とは~・・・云々・・・」と答えていますが、Bさんが示した名前は女性です。はっきりと女の名前を答えているのにもかかわらず、Aさんは自分が間違っていることに気づきません。

(※自分が聞いている守護神と名乗るものの声を盲信している。)

 Bさんは首を傾げ、疑問を感じていますが、一応返事をしながら対話を続けています。

 同じ部屋にいた私は2人の問答に興味を失いましたが、その後1時間くらいはセッションが続いていたようです。

 

 

・・・・

 

 『はっきりと神の声が聞こえているAさんは自信をもってその内容を伝えていますが、その神はレベルが低いため、実はほとんど何も見えてはいなかった』という内容です。

 

 人間が明晰性に振り回されて誤った情報を撒き散らしているケースですね

 

 目の前でハッキリと女性の名前を告げているのにもかかわらず、Aさんはその事に全く気付いてない様子でした(性別を間違えている)

 

 中性的な人ならまだ擁護できますが、Cさんはそういった雰囲気の方ではありません。

 

 目の前で気づきの無い場面を見せられたため、私のワクワクした気持ちはあっという間に離散しました。

 

 

・・・・

 

5.認識の樹の再掲

f:id:clark3:20200425073851j:plain

認識の木

前に一回貼ったこの画像は、やはり『気流の鳴る音』という本に添付されている画像でした。カスタネダを深く理解するためにこの本はとても参考になります。私も先週読み返しました。100%正解というわけではないと思いますが、非常に参考になる書物です。