津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

11月6日の夢

こんにちは アキラです むず痒いような頭痛が続いています

夢の描写もハッキリとしません

記憶はしっかりあるのですが、なんというか抽象的というか物語風で言葉にまとめにくいです

ま、散文になりますが書いていきます ご容赦下さい

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

第一部

宿舎のような場所で沢山の若者たちと暮らしている

その内の1人はアイドルマスターのアナスタシアというキャラクターにそっくり

文化祭のような楽しげな雰囲気もあるが、訓練だけはしているようだ

 

第2部

複数の魔法使いと一緒に行動する

彼らは配下に不思議な生き物を従えている

なぜか自分・魔法使い・不思議な生き物の全てが魔法を使えなくなっているようで

どうすんだよ!逃げるしか無いだろ!と口論のような状態が起こっている

その世界には魔物が沢山はびこっており大変危険

 

第3部

これは一度起きてから、また寝た時に見たものである

全編的に性的な内容を含むため描写不可

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

また眠る前に性的な妄想が爆発していました

これはEOの著書に書いていたことですが、覚醒レベルが高まると

それまで発散されていない欲望または想念が、溢れ出てくるようです

「これを解消しておかねば、たまったものに一気に向かい合うことになるので辛くな」る」...といったことが書いてあったと思います

多分この現象が起きているのだと思います

 

また「私は在る」という感覚がどういうものなのかさっぱりわからなくて、これについて何度も何度も考えていたのですが、1つだけハッキリした感覚が得られました

 

それは、「意識点を意識する」というものです

人間には2つの意識の点があります 1つは皆さんよくご存知の対象を認識することです

今まで聞こえなかった音や、見えなかった物を認識するとこの点の存在はよくわかると思います

またこれとは別に頭頂部にまったく動くことのない意識の点が存在しています

ちょっと逸れますが瞑想を進めるためには意識をこの頭頂点において多くと修行が捗りやすいですよ

 

もって30秒くらいですが、この「意識点を意識する」という作業を繰り返しています

本当の私は在るという感覚は、寝ている間でさえ継続するものなので、これは間違いなくまがい物なのですが、入り口としては適当なところなのではないでしょうか

 

こんな所でしょうか

 

挑戦しなければならないことが待っています

恐怖を克服するのは相変わらず苦手ですが

戦わないとどうしようもありません

 

どうか、幸せでありますように