アキラの精神世界

精神世界探究、また一部私生活の話

拒否権と受け取れないこと

2週間のことでした

私は約3万円のノートパソコンをメルカリで注文したのですが何と10日経っても発送されません!しょうがないので事務局に連絡をとり、キャンセルの手続きを行いました

 

私はそのことがどうしても気になりました

そんなに欲しいパソコンではなかったのですが「手に入らなかった」という事実が私に激しい執着をもたらしたのです

 

私は火がついたようにノートパソコンを探し求めはじめました

 

主にgeforceの800から900番台のものを

4万円から6万円で探していました

 

この時、目の前に現れたにも関わらず受け取りそこねた商品が何個かありました

 

そうして3回くらい半額程度で投げ売りされている魅力的なノートパソコンを見送ったでしょうか

そうして昨日!ラクテンマートまで足を伸ばしてようやく納得できるものを買いました

 

....

 

この時何ですがエゴとは違った酷めたエネルギーが私に覆いかぶさってきたのを覚えています

それはなんというか諦めともちょっと似た感じで「ああ、俺という人間はこのくらいでいいんだ」というさっぱり醒めた感覚がジーンと心に響き渡りました

 

私はクヨクヨと悩む癖があるので

商品をキャンセル申請してから実行されるまでの丸1日ほどの隙間は本当にもんもんとしてしまいました

 

その間に3回も流れたんですよ?3回も!

 

53000円のdell製GF960m搭載のパソコンが!

72000円のほぼ新品のGF960m搭載のパソコンが!

80000円の新品のGF960m搭載の13インチのAlienWareが!

 

誘惑が強すぎて涙が出そうでした

あまりにもいい商品がキャンセル確定待ちで動けない私の目の前を通り過ぎて行くんですから...

 

何の話でしたっけ?そうそう拒否権と受け取れないことの話でした

 

私達には自由意志として拒否権というものがどうやらあるようです

しかし、それは莫大なエネルギー、カルマ、負債と引き換えであり推奨されるものではありません

 

あなたが普通でない状況で、物事を受け取れなかったとき、そこには100%カルマ(葛藤)が存在しています

 

その事実をしっかりと受け止めてお祈りに預けていくことは非常に生きやすくなる...人生が軽快になる 昔風に言えばおまじないのようなものでしょうか

 

幸せになりたい!という気持ちを持っている人は『受け取れなかったものこそ向き合うべき』だし『拒否してしまったものこそ向き合うべき』だと、私はこの事件を通して、ひしひし実感しています