津田さんと精神世界

明晰夢 瞑想 宇宙全史 など

エネルギーボディについて

無限の本質まとめ6です

 

 

エネルギーボディとエネルギーフィールド

日常生活の浮き沈み

内省の支配下で生きている私たちは、いつ勝利しいつ敗北するかという時期を知ることができない

人間の輝く球体が見えるのは、1度につき1つである

 

私たちは生まれた瞬間から宇宙を流れるエネルギーを知覚していた。今ここでさえそれは知覚されている

 

人間はみなエネルギーを直接知覚する潜在能力を秘めている。

この直接知は「世界をとめること」と呼ばれる

これは「広々とした展望」または「人間の形を無くすこと」とも呼ばれている

 

内的沈黙によって、捕食者をせめたてることができる。

 

エネルギーボディとはエネルギーフィールドの集合体である

宇宙を流れるエネルギーとしてそれを見たときには肉体を構成するものの鏡像である

エネルギーボディは肉体の輝く球体よりも小さく、緻密で重そうな外観をしている

肉体とエネルギーボディは何か不思議な凝集力によって1つのまとまりへと圧縮されたエネルギーフィールドの2つの集合体である

このエネルギーフィールドを1つにまとめている力は宇宙におけるもっとも不可思議な力である

これは全宇宙の純然たる本質であり、存在する万物の総計である

 

肉体とエネルギーボディは人間として我々の領域において唯一平衡を保っているエネルギー形態である

この2つの間の二元性以外にはいかなる二元性も認められない

つまり肉体と精神、魂と肉といかいったものは単なる精神の連続体、延長されたものにすぎない

だれでも修練によってエネルギーボディを肉体に近づけることが可能である

通常これらの隔たりは非常に大きい

修練によってエネルギーボディを自分の肉体と同じよう複製することが可能である

要するに肉体のような確固たる3次元の存在へ加工することができる

この方法から分身やもうひとりの自分といった概念が生まれた

これと同じように肉体をエネルギーボディに加工することも可能である

つまり肉眼には見えない無形のエネルギーの塊に変えることができる

 

これらは全て現実のこととして語られているが、私たちがこれらを理解し難いのは基底にある認知システムが我々と彼らで異なっているからである

 

私たちを支配している言葉の領域外にあるこのエネルギーは操ることが可能である

 

黒い影

繋がりの領域外にあるものが宇宙の全体の姿である

それは視界をさっと横切る黒い影として私たちは認識することができる

我々には捕食者がいる

そいつは宇宙の深淵からやってきてわれわれの生活の支配権を乗っ取ってしまった

人間はそいつの囚人である

私たちが捕虜であるということはエネルギー上の事実である

私たちが養鶏をするようにそれらは私たちを管理するのである

私たちを自己中心的な存在にさせているのは捕食者達である

 

では一体どうやってそれらは私たちを管理するのだろうか

そのやり方は単純であり、それらは私たちにそれ自身の心を植え付けているのだ

つまり、捕食者は自分の心をわれわれに与えているということだ

粗野で矛盾だらけで陰気。今にも発見されてしまうのではないかという恐怖に満ちている。

飢えたことがない現代人が食料への不安を抱くのは、捕食者の不安に他ならない

捕食者達は人間の心を通じて、自分たちの都合のいいものを注入する

 

では、一体彼らは我々の何を食べているというのだろうか

それは私たちのエネルギーである

光り輝くたまごにはそれを覆う上着が被されている

私たちが子供のころそれは全体を覆う大きさがある

しかし年齢を重ねるごとにそれは減少し、ヘリやフチまでの短い大きさしか残らなくなる

 

これは一定の長さまで回復すると、樹木のようにそこから元の大きさまで自然に回復する力がある

 

人間は洗脳されやすく、簡単に異なる種類の意識の餌食になってしまう

内省の中心はこのごく僅かに残されたエネルギーの細い縁である

彼らに直接的に反撃する手段はない

 

私たちにできることといえば、意識の光る上着の味を変え、捕食者からの興味を逸らせることくらいである

 

捕食者はまた飛ぶ者と呼ばれる。それは空中を飛び回っている

これらは当然ながら非有機的存在である

 

人間に残された唯一の手段は修練である

修練とは「予期しない困難な自体に平然と立ち向かう能力のこと」である

こうすることで意識の光る上着は捕食者たちの口にあわなくなる

彼らが私たちを食べることをやめると、それは自然と元との形に戻る

足首よりそれが大きくなると、あとは自然と伸びていくだけだ

光り輝く上着が元の大きさに戻ると人間の本来持つ素晴らしい知覚作用は手足のように当たり前の物となる

 

内的沈黙によって植え付けられた心(外来の装置)は逃げ去っていく

この現象によりこの策略にかかわるものは誰でも心が外部に起源をもつという確信が得られるのである

何度となく逃走を繰り返すことで、その外来の装置は永遠に人間の心から逃げ去ったままとなる

この日から神秘を歩く者たちの本当の戦いがはじまるのだ

飛ぶ者を失った人間の心は、冷めきっていて全く使い物にならないからだ

あずかり知らぬところでなされた合意は尊重するのを拒む方が自然と言えるだろう

私たちがこの世に送り出された時からこの合意は遂行されていた

私たちが極端に自分というものに執着しているのは、この植え付けられた心が原因である

こうして飛ぶ者を認識することで、それと人間との関係には決定的な亀裂が生じる

そうすると飛ぶ者はわれわれとの仲を修復しようと必死の抵抗を試みるのだ

 

 

 

探索機

われわれ人間は宇宙によって造られたエネルギー探索装置である

われわれは意識あるエネルギーの所有者なので宇宙は我々を使って自分自身を認識する 飛ぶ者はある意味執念深い挑戦者だ

 

静かに沈黙を保つことで、飛ぶ者からの障壁は築かれていく

地球に住む人間は誰も彼もが同じ反応の虜になっている

 

長い旅

自我が粉砕されると、幼少時代の自分を残してそれ以外の全てがバラバラに砕かれる

無限との出会いは信じられないほど魅力的であり、挑戦者の多くは無限の深淵から帰ってこようとはしない

混乱と苦痛と圧迫と騒音に満ちたこの世界に魅力を感じないからだ

この選択は表面上のものではなく、意図によってなされる

 

戦士・旅人の土台を成すものは「謙虚さ」と「能率の良さ」である

何も期待せず行動し、前方に待ち受ける敵がどんな大きさでもものともしない

 

男性にとっての大問題は、弱さである

我々の意識が成長するとき、その柱はかなりの大きさにならないと頼ることができない

そのため私たちはそれをいとも簡単に放棄していまう

手放した時点で意識の左側で得た知識は全て忘れてしまうのだ

なぜなら意識が右側に移動してしまうからだ

男の探求者が抱えている問題はなにもかも簡単に忘れてしまうということだ。どうして簡単に忘れるかというと男の意識はちょっとした刺激で新しい段階を失い、地面に墜落してしまうからだ

 

沈黙による行動は、知っている者に対する追従である

 

全てのものにさよならを告げることで「恩義」という重荷は取り除かれていく

 

感謝を告げることで、記憶の中にある何かがそれを受け取ったという感触を得る事がある

 

孤独とは心理的なものであり、人間を弱らせる

ひとりであるというのは物理的なものであり、人間を慰める

終わりに

 これでほぼ無限の本質のまとめが終わりました

最後の一章は大切なものなので是非ご自分で確認してみてください

内容は単純なものでカルロス・カスタネダの幼少時代の3つの記憶(体験)が描写されています

これを読んでいるときに、私も自分の幼稚園入学前?3,4歳のころの記憶が蘇りました これほど古い記憶が今でも思い出せるということは驚くべきことです

 

幼少時代の記憶

ついでなのでその幼少期の記憶を書いておきます

私の家の前には農具と藁の塊がおいてある土地があります

そこは私と隣の家の姉妹の格好の遊び場でした

そこでは積み上げられた藁を遊び道具にして自分の家やサークル、柵などをつくっていました

なにかの弾みで遊び道具であるボールのようなものが下の田んぼに落下していまいます

その崖下は2メートルほどで、ぬかるんだ地面が広がっており決して降りられない高さではありません

私は姉妹から降りるよう説得されましたが、臆病風に吹かれて飛び降りることができませんでした。

理性的にも「お姉さんが一番年上なんだから、お姉さんが飛び降りてよ」

などとけしかけていたように思います

・・・

3歳か4歳の記憶です

今でもハッキリ思い出せるなんて不思議なものですね